Posts Tagged ‘田沢湖’

茶屋のような場所で休憩

2014年7月27日

免許は取ったけれど、まだ自分の車を持っていなかった頃の話です。都心から500km以上も離れた三陸沿岸の実家に帰省した折りには、両親を乗せてさらに北の温泉地を巡るのがひとつの楽しみでした。レンタカーは「トレン太くん」を使いました。
ある時、実家から西進し田沢湖で一泊する計画をしました。ルートとしては、三陸の実家から遠野市を抜けて盛岡に入り、国道46号線を使って田沢湖に出て一泊。帰りは46号線で角館の武家屋敷を見学し国道13号線で南下し、横手市付近から東進して北上市か水沢市に抜けて実家に戻るというものです。
田沢湖畔では囲炉裏を囲んで美味しい食事を堪能したのですが、海産物はどこで採れたのですかと思わず聞いてしまいました。当然、日本海で採れたとの回答を期待してです。返ってきた答えは三陸産とのことでした。高いお金を払って実家付近の物を食べたのかと、聞かなければ良かったと反省しました。
翌日は気を取り直して角館で武家屋敷を見ます。ここは桜や紅葉の季節には素晴らしい光景を目にできる場所です。そして一路南下しました。横手市付近を走行中の時、激しい雷雨に見舞われます。夕方が近づいていたという焦りもありました。当時はカーナビなんてありませんから。市内の道路案内板を一生懸命見ながら走るのですが、道路案内板も市内に入るととてもローカルな地域しか表示されませんでした。やっとそれらしい道を見つけて安心して東進いたしました。そして峠の茶屋のような場所で休憩するのです。
お茶を飲んでふとお店にあった地図を見て愕然といたしました。そのまま行くと岩手県ではなく宮城県に出る事に。これでは今夜実家にはたどり着けません。レンタカーは翌日までしか借りていませんでしたので、これでは両親を実家に連れて帰り、そして新幹線の駅に返す余裕はありませんでした。もう恥を忍んで素直に両親に相談します。両親はなす術もありませんので、ともかくそのまま進もうということになりました。結局、その先にあった鳴子温泉にもう一泊し、翌朝、レンタカーを借りた一関駅まで行き、両親にはJR大船渡線で帰ってもらい、私は車を返して帰京の途についたのでした。鳴子温泉は、私が幼少の頃に家族で来た事がありまして、結果的に両親には喜んでもらうことになりました。